みず☆幸せ体操

~背骨コンディショニング 足指伸ばし いつまでも自分で歩ける体作り情報 ~

どの体操をしたら良いか(椅子体操の座り方)

椅子に座った20分~30分の

介護予防運動をする時、

まずは深呼吸!

その後、

前半は上半身の運動、

後半は下半身の運動

と分けて進めていました。

理由の一つは、

下を向かないようにする為

どうしても、

足の運動をすると

下を見続ける方が多いんです。

椅子に座る姿勢は、

床にしっかりと足を付けて、

自分なりに姿勢を正し、

顔は顎を引いて

真っ直ぐ前を向いて

座ることが大事です。

 

5人5人で向かい合って

座っている時に

「向かいの方のハンサム

(美人の)顔を見ましょう」と言うと、

恥ずかしがっている方も笑って

見てくれました。

 

上半身の運動で前を向く姿勢

を意識することで、

後半の下半身運動で、

「前を見ます」の声掛けで、

ご自身で姿勢を整える事が

できるようになるんです。

 

姿勢悪く30回運動するより、

姿勢よく10回した方が

運動効果が出ます(^^♪