みず体操の先生

集団体操の先生になりたい。介護福祉士のdiary

キャスター付き歩行器での歩き方

 

キャスター付き歩行器を

使用している方、

歩行時に歩行器の右側に

右足が当たる悩み。

左右ともO脚で足膝が痛く、

下を向いて歩行する。

まずは、

安全に歩行する為、

足に歩行器が当たることの

改善が必要。

『顔は、正面を見る』

『目線を左斜め下を見るようにする』

この動作で当たる回数が

半分以下になった!!

続けていると

当たらなくなりました。

自然に重心が

少しだけ左に寄り、

極端な右重心が改善されたからです。

 

足元が心配だったり、

下を向く癖があると、

無意識に目線は、

足元を見て、

楽で安心する側に

重心をかけてしまう。

歩行(独歩、杖歩行、歩行器)時は、

足元ばかり見ない!

顔は、正面を見て

線を床の斜め下(2、3歩先)

を見て歩行する。

「前を向くと転びそうで怖い」

と思っている方、ご安心ください。

歩く先を

早めに確認出来ているから

安全安心なんです。

足元ばかりを見るから、

障害物がある=すぐに転倒する

と怖くなるんです。

 

勇気を出して、

まずは障害物の無いフロアや

廊下で歩く練習を

してみてください。

膝の痛みが、

軽減もしくは、解決します(^^♪