みず☆幸せ体操

~背骨コンディショニング 足指伸ばし いつまでも自分で歩ける体作り情報 ~

食事介助について(摂取方法から胃ろうの決心まで)

認知症で、食事量が減っているご利用者様

だんだんと、食事量が減っていくご利用者様

 

「食べて欲しい」その願いで、周りはいろいろと

好きなものを何でもいいから食べて欲しいと思い

ご家族様が手作りで作ってくる。

このご家族様に会って、好きな物を思い出して召し上がってくれる。

このパターンになってほしいが中々これもうまくいかない事があります。

f:id:mizutaiso:20210606233912j:plain

 

そうすると、介護職員が介助で声かけをして

根気よく対応する事が大切になってきます。

ご本人様も負担だが、これをあきらめてしまうと、食事量が更に減るので

なんとか、食べてくれる方法を探らなければいけません。

 

その際に、私が現場で感じた気を付けたほうが良い点をまとめました。

 

1.誤嚥性肺炎に気を付ける。

大声を出したり、拒否で体を後ろに沿ったりして

顎が常に上に上がっている状態や、ご本人が口に食べ物を入れる予定がないのに

介助で食事を、口に入れられると反射的に、噛まずに飲み込んだり

喉につっかえたりする事が多いんです。

食欲がなくて、口を開かないご利用者様も同様で、急に口に入れて

口を動かさない状態も、すっと口腔内に食事が残っているので

何かのタイミングで飲み込んだりと、危険があります。

喉ぼとけが「ごっくん」と唾をのみ込むようにしっかりと動いくことを確認して

口に食事を運ぶことがとても大事になります。

 

2.食事を多く摂取させることが目的となる

介護職員は、食事介助の30分以内にどのくらいの食事を摂取させることが

できるかに、重点を置いて、次々に口に食事を入れて、

良い方が少し悪いのですが「食べさせる」介助をする方がいます。

ご利用者様が、召し上がってくれたとしても、しっかり咀嚼や嚥下ができてないと、

誤嚥性肺炎の元になります。

 

3.食事の前後で寝かせている。

認知症でご自身で、徘徊したり、大声を出したり、何かに手を上げる行動をするご利用者様は、介護職員が個別で対応できない時は、ご本人様の安全確保のためにも、

ベッドで寝かせる事が多くなります。

食事前後も寝かせていると、食事後は、おなかがいっぱいの事もあり、

すぐに寝てしまう方が多いです。

しかし、嚥下がしっかりできず、食べ物が喉に残っていると

誤嚥性肺炎になる可能性が高くなります。

 

以上の3つ共に、「誤嚥性肺炎」のリスクの話です。

そうなんです!

食事介助をする際に、どうしても誤嚥性肺炎のリスクは避けられず、

そして、他の病気で入院しても「誤嚥性肺炎」が死亡原因の方も

多く見られます。

私たちは、生きるためには食事をすることが大切で、

お年寄りの場合も、できるだけ口から摂取してほしいと願うんです。

でも、この口からの摂取を間違ってしまうと、命取りになります。

 

では、どうしたら避けられるのでしょうか。

 

①できるだけ傾斜をつけて、顎を引く。

車椅子や、椅子などの背もたれを、90度より大きく後ろに倒します。

100度ぐらいが目安です(人によって異なります)

滑り台と一緒で、坂になっていると食事がスムーズに落ちやすくなります。

90度にしない理由は、口から食事が入ると、途中で2つの道に分かれます。

前側が肺。後ろ側が胃へ通じる道。

90度以上にしていると、自然に、後ろの道に食事が滑るように移動してれるの

誤嚥性肺炎のリスクを減らせます。

 

②できるだけご自身でスプーンを持って口に入れていただく。

ご自身で口に入れる事で、脳から口に指令がいきます「口に物が入る➡咀嚼」

そのことで、自然に口が動き、唾液も出ます。

介助で突然口に入れると、ご本人様が何が起きたか状況を把握できずに

反射的に、飲み込んだり、びっくりしたりして、誤嚥する可能性が高くなります。

 

③食べ物を目で見せて、声をかけて、下唇に少し触れて

「いまから食事が口に入るよ」と合図をする。

介助する時に、とても大事な手順です。

ごはんですよ」と目で見せて、メニューを伝える事で

イメージしたり、口に入れる準備をしたりできます。

唇に触れる事で、下唇も味を感じたりすることが出来、唾液も出やすくなります。

 

そのほかに、

食事前に口腔体操や、口腔(顔)マッサージをしたり、

食事のメニューが見渡せる座らせ方をする・・・

 

自分が食事をする気持ちになって

もし介助されるなら、メニューも分からず、突然口にどんどん入れられたら

どんな気持ちか?と考えると、どうしたら食べやすいかな?と思いを巡らせることができます。

f:id:mizutaiso:20210608205859j:plain

ペーストの食事形態の方は、

とくに何が出ているのか、介助側にも分からないことが多いんです。

グリーンのペーストだけど、ほうれん草なのかブロッコリーなのか???
触感もないので、味も薄めなことが多いです。

ペーストの食事形態の時ほど、しっかりと、何を食べているかを伝える事が大切になってきます。

 

「この人と食事をすると安心」「教えてくれるから美味しい」と

信頼関係を気づいていくと「もう少し食べてみましょう」という

お願いも聞いてもらえたりします。

 

食事介助。

最後にとても、とても大切な事

それは、「胃ろうの」に踏み切るタイミングも大事です。

 

食事をする側、介助する側

誤嚥性肺炎のリスク。水分摂取量や食事摂取量が少なくて

元気がなくなっている。尿も便も減っている。もしくは下痢や便秘が続く。

こういった場合は、水分点滴で体を楽になると、食事摂取量が増える事がありますが、

「上記のリスクを避けて長生きしてほしい」ということであれば

少し体力のある内に、胃ろうに踏み切る事が大切だと思っています。

弱り切ってからの胃ろうは、ご本人様も負担で、場合によっては

胃ろうの手術で死亡してしまうケースもあるからです。

 

いろいろ書きましたが、

食べるって、一番の介護の目的だと思っています。

だって、施設に入って、外出できなくなって

一番の楽しみは、食事だし、そして、周りの人とのかかわりだと思うんです。

f:id:mizutaiso:20210608000242j:plain

いつまでも、元気に長生きしてほしい。

大好きな大好きなご利用者様、一人ひとりが私の親だと思って

愛して愛しています。