みず☆幸せ体操

~背骨コンディショニング 足指伸ばし いつまでも自分で歩ける体作り情報 ~

寒い時でも安全に立ち座り

寒くなってきた。

「足が前に出にくくなった」

「体が動きにくくなっている」

寒くなると、洋服も厚手になり

トイレのズボンの脱ぎ着も、やりにくくなっている。

・体が動きにくい

・歩きずらい

・トイレにいかないように水分を取らない

・脱水になってくるので体がだるくなる

・体が動きにくい

 

悪循環なのだ。

特に、最初の一歩が出にくい。

そんなときこそ

末端の体操が効果的!!!!

椅子に座り(立ってでも良い)

足のつま先上げ、かかと上げ!

もしくは、足裏でボールを踏んでも良いです。

 

手(手の指)

手で、グーパーグーパーしたり

自分で手をマッサージしたり。

 

座っている姿勢から立つ時この運動をすると

最初の一歩が出やすくなります。

 

足の指や裏、手の指など、体の末端を動かすと

足:足首、膝、股関節。

手:指関節、手首、肘、腕の付け根。

等、関節が小さく動きます。

 

そうすると、関節からは、

関節を動きやすくする関節液が出て

手足の曲げ伸ばしがしやくすくなり、

体が動かしやすくなる。

 

毎日続けると、体にも良いのですが、

とても大きなメリットとして

認知機能にも良いです。

「自分で運動」することで

脳で考えて、手足に指令を出す。

普段から、自分で考えて、自分で運動していると

動かしているところの運動神経が開通している状態

になり、転倒やきっちゃき等のとっさの時に、

手足が瞬時に出て、自分で危険を回避できる

可能性が広がります。

 

小さな習慣だけど、

効果は特大です(^^♪

これ、あるある大事典という番組で話していました。

この末端の運動を集団体操で毎日すると

運動始めは、関節に痛みが一時的に出ても

運送を続けるうちに、傷みが減ることが多くありました。