みず体操の先生

集団体操の先生になりたい。介護福祉士のdiary

デイサービスにとってお客様って誰?

物を売る仕事は

お客様がものを買ってくれるので

お客様が明確です。

 

デイサービス(通所事業所)にとっての

お客様って?誰だろう。

ご利用者様?

ケアマネージャー?

私は、ケアマネージャーだと思ってます。

そして、ご利用者様は

お客様からお預かりしている

大切な大切な人(商品)

だからこそ、ケアマネジャーが作った

ケアプランに従って

対応して、結果を出すことが大事だと

考えています。

 

でも、デイサービスのお客様が

ほとんど、同じ建物内に住んでいる方が

お客様というデイサービスは

お客様という観念が

外部から来所するご利用者様が相手の

デイサービスより、薄いことがあります。

「部屋で一人で過ごすのが危ないから

デイサービスに来るのは当たり前」と言う。

ケアマネージャーも

このデイサービスがたとえ

満足がいく内容でなくても

通うのに利便性が良いので

他デイサービスの検討はほぼしない。

 

ご利用者が満足して

口コミで通いたいと言ってもらえる

デイサービスにしたい。

そんな気持ちで働くのと、

当たり前に部屋に入れないレベルなら

デイサービスに降りる仕組みで

働くスタッフ。

毎日の考え方や、行動が

違ってくる。

 (※どの介護者もそうではないです。

介護者の信念や熱意や考え方にもよります。)

・誰がお客様?

・お客様(ケアマネージャー)から預かったご利用者様の顧客満足度を上げるには。

 

この視点に立つと

自分の振る舞いが変わります。

今、何をすべきかを考えるし

ご利用者様が満足しているか、

ご利用者様の表情をきちんと見るようになります。

 

頭では、分かってるけど

毎日の業務に追われると

今日も、ご利用者様とゆっくり

話せなかったし、話も聞いてあげられなかったなぁ

と思う毎日です。

 

私の仕事の信念

『ご利用者様を幸せにする』

実行あるのみです!