みず☆幸せ体操

~背骨コンディショニング@沖縄 足指伸ばし いつまでも自分で歩ける体作り情報 ~

仕事とコロナ 親のこと 

相談員の仕事の中に、ご家族様との調整があります。

 

たとえば、ご利用者様の具合が悪くなった時に

体調が悪化する前に受診を勧めよう。

平日は、だいたいのご家族様はお仕事中。

「・・・体調が悪いので受診をお勧めいたします。来所お願いできますか・・?」

 

「すいません。。仕事が終わってからでないと行けないので

様子見してください。明日、受診します」

「コロナがあるので、受診は避けたい。市販薬で様子見ていてください」

 

自宅にいる人でない限り、すぐに駆けつける事は難しい。。

私も仕事をしているから、この気持ちとっても分かります。

 

でも、でも!考えて欲しい。

介護の仕事をしているからこそ「今しかできない事」の最優先は『親』のことなんだって強く強く感じます。

 

施設暮らしの父や母が、体力が弱っている。そんな時、心も弱くなっている。

「誰にも心配かけたくない」「このくらい大丈夫よ」「こんな状態で生きてるなら死んだ方が良い」

ご利用者様は言葉に出さないけど。心の声でそう言っていることが聞こえる時があります。

 

コロナで、受診が遅れることも多々あります。

でも、考えて欲しい。本当にコロナだけを恐れていいのか?

もし、受診を伸ばしたいなら、せめて側にいてほしい

「お母さん、大丈夫ね?」「おとう、どうした?一緒にいるからもう大丈夫よ」の言葉が一番の薬になる。

 

親の為に使った時間。

この時間や行動が思い出になった時

この時間が多かったほど、自分が救われます。

 

現実問題、親と同居して、ご家族で介護しながら住むというのはすごく大変です。

親族だからこそ、介護を一人でしてしまうと、イライラが募ると厳しい言葉になってしまう。親族以外に、介護者を増やして、みんなの目で介護していくことは、介護される側、する側にとってとても重要です。

 

それを利用しつつ、でも、メインはご家族様!ご親族様です!

コロナを恐れるなら、仕事が忙しいなら、日常から、親の心の安定を保たせることが一番の健康管理になるし、病気の回復になります。

 

大切な大切な、ご利用者様。

みんな私のお父さん、お母さんだと思っています。

いろいろ話しかけて、安心して暮らせるようにしていきたい

と行動しますが、ご家族様、ご親族様が来所、電話等、関わってくれる時の喜びには勝てません。

 

仕事、コロナより大事なもの。親。ご親族

弱っている連絡があった時ほど、仕事も段取り付けて

コロナでも受診が必要なら受診をして

1番に考えて欲しい。

 (^_-)-☆行動あるのみ!