みず体操の先生

集団体操の先生になりたい。介護福祉士のdiary

機能訓練をやる気がないご利用者は訓練をしなくて良い?

介護施設のご利用者様へ「歩きますか?」「運動しましょう!」と言って、「しなくてもいいよ」と拒否されたら、どうしますか?

 

1・やりたくないなら、訓練しなくても良い。

2・やりたくなるように、声かけやメニューを伝えていく。

 

私は、2です。

介護保険=自立支援の考えがあるので、自立した生活をするためには、運動が不可欠だと思っています。

1・の考えは、どちらかというと病院なのかな?と思っています。

「このトレーニングをしてください」「この薬を服用してください」受診したら、ドクターから、することを指示されます。

それをするか、しないかは本人次第。

言われたことをしなければ、良くならないのも自己責任。

 

介護現場はどうだろうか?

指示で運動させることは難しい。介護は、同意が必要だから。

「これから、きっちゃきを予防する為の運動をしたいので

一緒につま先上げをしましょう。いいですか」

なんでこの運動が必要かを理解させて、継続させなければならない。

 

でも

1の考えを持っている、機能訓練士もいる。

「介護での機能訓練は維持だ。これから向上はなかなか難しいから、やる気のある人をしていったほうが良い」

「一度や二度声かけをしたが、拒否された」だから、本人にやる気がない。だから、機能訓練をしない。

 

どちらも、あっていると思う。

でも、人は日々気持ちが違うし、人の言葉や接し方がで心を開いてくれることがある。

ご利用者様からしたら、動きたくない気持ちを受理してくれてありがとう。って思う人もいるかもしれない。

でも、逆に最初は、気乗りしなかったけど、やっていったら楽しくなって体も動きやすくなった。誘ってくれてありがとう。

って思う人もいるかもしれない。

 

・医療は、命優先

・介護は、気持ちを優先

 

介護の検定講座を受けた際にナースの授業でナースがそんな話をしていた。

 

そう考えると、余計に分からない。

認知症の人は、認知するまでに拒否から入るのだから。

 

毎日の声かけで、心の扉を開いて

徐々に運動をしていってみる。

時間は、かかるけど、これがご利用者様の気持ちを

優先することなのかも。

 

声かけの大事さ。

これは、高齢者だけではなく、私らの日常でもそうですね。

声で伝える。明日から、実行あるのみ。