みず☆幸せ体操

~背骨コンディショニング 足指伸ばし いつまでも自分で歩ける体作り情報 ~

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアを本気で改善するには、仙骨と背骨の歪みをとる体操がとても有効

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアの腰痛で

悩んでいる方が多い為

本気で改善する方法を考えてみました。

f:id:mizutaiso:20210918213219j:plain

脊柱管狭窄症とは

腰椎(背骨の腰の部分)の内部で脊髄(神経の束)の通り道になっている脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫し坐骨神経痛や腰痛が起こる病気。

 

椎間板ヘルニアとは

腰椎の椎間板(背骨のクッションの役割を担う軟骨組織)がつぶれて神経を圧迫する事で坐骨神経痛や腰痛が起こる病気です。

 

脊柱管狭窄症も、椎間板ヘルニア

腰椎の異常が原因の事が多く、

その真下にある仙骨の歪みから来ていることを

忘れてはいけません。

仙骨・腰椎(腰の背骨)が歪むことで

その内部にある神経と腰椎から出ている

神経が引っ張られて過緊張の状態になり、

腰痛や坐骨神経痛などを引き起こすと推定されます。

f:id:mizutaiso:20210920111742j:plain



 

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア

座骨神経痛の痛みをとるには、体操をして仙骨・背骨を本来の位置に戻す事が大事

「痛みが余計に強くなりませんか?」

と疑問に思う方もいらっしゃいます。

しかし

「運動しましょう!」と繰り返しお伝えしています。

仙骨・背骨の歪みが原因の腰痛や坐骨神経痛は、

運動によって仙骨を本来の位置に戻すしか改善の道はないからです。

安静にしていると、筋力の低下や靭帯(骨と骨を繋ぐ繊維組織)の硬直によって仙骨の歪みがひどくなり、症状も悪化の一途をたどります。

それまでに受診しても、痛みや痺れが消えなかった理由を思い返せば、運動という大切な要素が抜け落ちていた事に気づくはずです。

 

 

勇気をもって運動してみませんか!

仙骨と腰椎の歪みを矯正し、

神経の引っ張り(牽引)を緩めるには、

背骨コンディショニング体操(緩め、自己矯正、筋トレ)が効果的です。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア等の手術を回避できた方もいらっしゃいます。

手術をしても、座骨神経痛や椎間板ヘルニアの腰痛が再発する方もいらっしゃいます。

その場合も、

体操を背骨コンディショニング体操を続けた結果、

・痛みや

・痺れ

・間欠性跛行(細切れにしか歩けなくなる歩行)

が改善した方もいらっしゃいます。

 

実際に背骨コンディショニング体操を始めると、

間隔の鈍っていた神経が徐々に伝導し始める事(目覚め)によって、多少は痛みや痺れが出る場合もあります。

しかし、それは仙骨の歪みを正していく過程で最初に現れる自然な反動です。

➡【反動の理由】

①縮まってい萎縮していた神経が急に緩む事でおこります。神経の伝導が良くなるため、これまで感じていなかった痛みを痺れを感じる事があります。または、強く感じる事もあります。急に血流も良くなる為、眠気やダルサが出る場合もあります。

②矯正された骨が急激に元の位置に戻ろうとする時に、神経も急激に牽引される事で起こります。

【反動が出た場合の対処法】

①②は、2日~1週間以内に治まるのが普通です。痛みの出ている部位を使い捨てのカイロ等で温めたり、出来る範囲で体操や筋トレを継続する事で軽くなると思われます。(好転反応

体操に慣れるまでは、体操の回数を減らす等して、体と相談しながら、体操を続ける事で道が開けます

 

【結論】

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア

本気で改善するには、

仙骨と背骨の歪みをとる体操がとても有効

➡お勧めの体操

背骨コンディションング体操(緩め、自己矯正、筋トレ)

まずは、腰痛解決講座の受講をお勧めします。

 

【背骨コンディショニング腰痛解決講座の内容】

「背骨コンディショニングベーシックブック(説明本)」で理論を学び

仙骨や背骨をセルフ矯正できる「仙骨枕」の使い方、運動方法、筋トレ方法を学ぶ。

➡自宅で、ご自身で安全に運動を継続できるるようになる★★★一生の健康財産★★

受講料

 5,500円(税込)

 受講特典として                 ベーシックブックと仙骨

(合計3,650円相当)プレゼント!

【講座内容】座学と体操で2時間

  • 背骨コンディショニングの理論
  • 腰痛の原因を正しく知る
  • 自分で原因箇所をチェックできる8つの検査方法
  • 原因箇所に直接効く11の運動
  • 痛みがラクになるストレッチ方法2つ
  • 歪みを自分で整えられるセルフ矯正法3つ

 

【お申し込みは↡のリンクをクリック下さい】

オンライン 背骨コンディショニング体操教室

講習会 背骨コンディショニング体操教室

 

【まとめ】

私が介護施設で働いていた時に、高齢者のほとんどの方が腰痛や、脊柱管狭窄症で悩んでいました。

「高齢だから」と済ませてしまっている。

何もしないと、歩く事がおっくうになり、転倒したり、圧迫骨折になったりして日常生活に自信が持てなくなり、だんだんと寝たきりの生活になっていきます。

このままでいいのか。。。

いつも心にモヤモヤがありました。

 

そんな時

私が背骨コンディショニングと出会い、

仙骨枕や体操、筋トレで長年の首痛が改善されたのをきっかけに、

「この仙骨枕や体操は、高齢者を救える簡単な体操だ」と確信しました。

 

高齢者の方でなくても、年齢に関係なく

「運動で治る痛み」について、

腰痛、首痛、膝痛など、ご自身で予防、改善する事が出来ます。

自律神経の乱れも改善する為、

めまい、難聴、メニエール病更年期障害などの改善にも効果的だという事が分かりました。

私は、40代女性ですが、更年期障害は無く、

細かな字も、以前より見えやすくなっています。

(※薬や食事で治るもの、手術で治るものに関しては、医療機関が得意分野です)

 

【背骨コンディションの痛み改善についての考え方】

f:id:mizutaiso:20210920111215j:plain

仙腸関節可動理論(骨盤の仙骨と腸骨をつなぐ関節仙骨がズレる事で、背骨の根元である仙骨がズレる。そうすると、その上の腰椎、胸椎、頸椎と背骨が歪むことで神経が引っ張られる)

f:id:mizutaiso:20210920111742j:plain

神経牽引理論仙骨や背骨が歪むことで、神経が引っ張られて痛みや不快症状が出る)

f:id:mizutaiso:20210920111319j:plain

代償姿勢

代償姿勢論仙骨が後方に歪むと、その上の腰椎も後ろにズレて、そのバランスを取るために頭や肩が前に出て、背骨が丸くなり猫背になります。

このような状態を代書姿勢(猫背)と呼びます。

この場合、仙骨だけ矯正しても、上半身の歪みを矯正しなければまた、仙骨が後方に変位します)

 

「ウォーキングや運動しているが、痛みが良くならない」

「家事をして、普段から運動しているんだけど、痛みが良くならない」

このような話をよく聞きますが

正しい、運動をしてないから効かないと思います。

 

仙骨や背骨が歪んでいる状態で、運動をしても

神経は引っ張られているので、痛みは続きます。

痛みを出すのは、神経なんです。

だから、神経の引っ張り(牽引)を緩める、

背骨コンディショニング体操が有効なんです!

 

まずは、体験してみませんか。

 

【お申し込みは↡のリンクをクリック下さい】

オンライン 背骨コンディショニング体操教室

講習会 背骨コンディショニング体操教室