みず体操の先生

集団体操の先生になりたい。介護福祉士のdiary

姿勢の歪みと歩きクセ、インソールを敷いて軽減する!

靴底で分かる姿勢の歪みと歩きクセ

靴のカカトをみると、どのくつもほとんど同じ場所が減っています。
自分では、真っ直ぐ歩いているつもりですが不思議ですね。
減り方を見ると、自分の体の歪みが分かります。

減り方の種類を見て、足の状態と解決方法を知りましょう。


1.カカトの外側ばかりが減る。
足をまっすぐに着地できていません。重心が外側にズレている。
0脚を誘発しやすい。
➡解決法:親指が浮いていることがあるので、着地の時に、親指をしっかりとつけることを意識することで、内ももに力が入りやすくなります。


2.カカトの内側ばかり減る。
骨盤と腰椎をつなげるインナーマックスが弱っていることが多い。内股やX脚、猫背になりやすい。
➡解決法:基本歩行を心がける。姿勢を正し、顎を引く。


3.減る方に左右差がある。
体の重心が左右どちらかに傾いている状態。骨盤や肩のラインが、左右対称、平行で無いことが多い。
➡解決法:基本歩行を心がける。姿勢を正し、顎を引く。鏡を見て、顔や肩が片方に傾いてないか、気にかけて気づいた時に、できるだけ左右対称にする。

 

4.中心の減りや痛みがある。
足首が固いため、カカトから着地できず、ペタペタとつま先が上がらない歩き方になる。段差できっちゃき(転倒)が置きやすい。
➡解決法:カカトから、つま先へ体重を移動するように足裏全体で歩行する。

 

5.カカトだけが減る。
足をひずって地面をこするように歩いている。
➡解決法:カカトから着地し、つま先で蹴る出すイメージを持ち、膝を伸ばして歩きましょう。


私は、「1」のカカトの外側が減ります。気を抜くと、足指が外側を向いている(ガニ股)歩きになるので、できるだけ足の親指に力を入れて、体の重心が内側(親指)にくるように歩行しています。
しかし、靴のカカトの外側が減ります。

 

左は、右よりも外側が減ります。

左足の親指は少し外反母趾があり、親指が少し浮いているので、親指で踏ん張れないので、親指の付け根が踏ん張って力が入っている。それで外反母趾になってくる。これが、外反母趾の仕組みです。

しっかり、親指側に体重を乗せられないから外側に重心がいき、カカトの外側が減るんです。

➡解消方法:親指の浮指の解消です。

私が行っている事。

「足指伸ばしの靴下」を履く。

・はだしの時に、足の指をグーパーで足指を動かす。

・椅子に座る際は出来るだけ、モモを閉じて、足の指を全て床につくように意識して足を床に置いています。

 

しかし、姿勢や、足を意識して改善しても、カカトの減りや足の疲れは残っていました。

そんな時に、インソール「ソルボ」に出会ったんです!

靴屋さんの店長がお勧めしてくれました

「インソール迷ったら、ソルボを敷いて!間違えないから」

「値段1000円以上だけど、それ以上の価値がある」

自信満々に進められました。

 
f:id:mizutaiso:20210328235545j:image

履いた時から「これ良い!!」と実感。

足全体が軽いんです。足全体が均等に床底についているのを感じます。

膝や、股関節の痛みもなくなり、夕方になっても足が浮腫まなくなりました。

ソルボは、人口筋肉が使用されています。

足のアーチを作ってくれるため、足の重心を一点(私の場合は、外側)に集中するのではなく、分散してくれます。
その結果、足裏全体で立っている、歩いている状態となり、足の負担が減るんです!

(愛のアーチ(丸み)は、歳と共に、下がってきて、足底が真っ直ぐな感じになってきます)

ソルボは、厚めなのですが、履くと、なんとも心地良さを感じます。
f:id:mizutaiso:20210329000835j:image

固すぎず、柔らかすぎずといった具合です。

私が、購入したソルボインソールです。

 

アキレス腱 足の痛み ソルボ ウォーキング 2S~L SORBO DSIS

価格:1,980円
(2021/2/22 05:32時点)
感想(5件)

 
主人も、革靴に敷いています。半月板損傷したことがあるのですが、ソルボインソールをしてから、膝痛が激減したとのことで、全部の靴にソルボインソールを敷いています。

「ソルボ」いろいろ種類があるようなので、靴屋に行く前に、ソルボインソールを取り扱っているから確認して、詳しい店員さんに相談して、ご自身に合うものを選択してください。

「カカトが減っているところが、高くなっているインソールが良いんでない?」という声があります。
それも良いと思います。
外側が減っていれば、外側が盛り上がっているインソール。履くことで、足裏が水平に近づきます。

  

私は、以前、そういうインソールを履いていたのですが、足の疲れは改善されませんでした。
「ソルボ」の方が、自然に足裏が付いている感じです。

これも、個人差があるので、履いて心地良い物インソールで良いと思います。


足を疲れさせにくくするには、靴紐の通し方も大事です!

1.靴紐は、靴穴の上から下に向けて通します!
そうすることで、しっかりと靴を紐でひっぱることが出来ます。


f:id:mizutaiso:20210328233315j:image

2.靴のカカトと自分のカカトを合わせて履く。足を靴のつま先に合わせて、カカトに手の人差し指1本入るくらいが良いという履き方は、違います。カカトに合わせて履くことで、指先にゆとりができるので、窮屈でなく、足指や爪も曲がることが減ります。

 

3,足の土踏まずの部分(足の真ん中)は、特に靴紐をしっかりと締める。足の中央が締まるので、靴内で足が上下に揺れない。足と靴が一体となって、楽に歩けるようになる。

 

4.広すぎる靴、狭すぎる靴は、足に力が入るので、歪んだ歩行になりやすくなります。足指や爪に変形が出ます。

 

最近は、靴屋さんに靴の資格を持った方がいらっしゃることが多いので、相談して購入しても良いと思います!

自分に合った靴、インソールを選ぶには、いくつか試して、履き心地が良い物を探すことが大事です。

ちなみに、私は、運動靴は「ミズノ」が足に合います。
アシックスやミズノは、日本のメーカーなので、日本人の足に合っているのが多いそうです。
ナイキやニューバランス等の外国メーカーは、靴の高さが高めで、横幅が狭いのが多いそうです。日本人は、横幅が大きい方が多いと聞きました(EEやEEEサイズ)


インソール、何を買うか、迷ったら、ソルボ試してみてください!
お勧めです!!