みず体操の先生

集団体操の先生になりたい。介護福祉士のdiary

機能訓練士のやる気を出させるのは相談員の仕事?

デイサービスとデイケア

同じ通所でも、サービス内容が違います。

デイケアは、リハビリが目的です。医者が同建物内におり、理学療法士作業療法士等が医者の指示のもと、機能訓練をしていきます。

 

デイサービスは、医者が同建物内にいることが必要なく、主にレク活動が中心。入浴や食事メインにサービスを受けたい方がご利用しています。

 

私はデイサービスの相談員。リハビリがメインではないのですが、転倒したり、これまで杖で歩かれていた方のレベルが下がって歩行器を使い始めの方々がおります。

その方々のリハビリを機能訓練士にお願いします。

しかし、機能訓練士によって、そのご利用者に対しての、リハビリの熱の入れ方に違いがあります。

機能訓練士とご利用者様も相性があるので、話しやすい、仲良くなるご利用者様には、自然にリハビリ回数も内容も良くなるなって感じます。お互いに意思疎通が出来ているからなんですね。

 

今回、表題に出した件について、私は機能訓練士と考えが異なるなと実感したことが

あったので、取り上げました。

 

杖歩行だったが、転倒して歩行器を使用することになったご利用者様。

その方の担当機能訓練士へ、機能訓練を毎日希望しているが、声かけして断られたから「やる気がない」とみなし、機能訓練を意欲的に対応してくれない。

担当外の機能訓練士から

「相談員は、機能訓練士がやる気になるように話を持っていくのが仕事だ」と言われました。私の言葉が直球だから、やる気を失せさせていると。

私は、逆の考えを持っていました。

「転倒リスクのあるご利用者様は、機能訓練の必要優先者。ご利用者様が拒否しても、ご利用者様の気持ちを上げて、機能訓練に持っていくことが、機能訓練士の役目」

相談員は、担当ご利用者に対して、声かけして拒否されたら「どうやったら心をひらいていただけるだろうか」と信頼関係を築くことを考えて実行していきます。

「拒否されたから」「やる気がないから、機能訓練を優先しない」?????

その機能訓練士がやる気をが出せないのは、相談員の言い方に問題がある?!

相談員の責任??

【みんな違ってみんないい】これは、ご利用者様も、職員も、経験や環境が違うのだから、考え方は違いはあるから正解は無いと思ってます。

私はどちらかというと、はっきりと伝えるようにしていて、自分にもはっきりと言って欲しいタイプです。今回も「リハビリ、毎回断られても、協力するので、声かけを毎回してリハビリの気持ちを上げて欲しい」この言葉をストレートに伝えてました。

断られることが、機能訓練士のプライド的に嫌なんだろうなと感じます。しかし、だからといって、ご利用者様のADLに関わることなので「分かりました」とするわけにはいきません。

ご利用者様は、ほとんどが認知症があります。認知症の方は、新しい物を受け入れる時に、最初は拒否があるのが当たり前、何度も粘り強く声かけして、実行いただいて、認知いただく。認知頂ければ、毎日のルーティンとしてやっていただけるようになる。

このこのとを念頭に置けば、断られるなんて、当たり前なんだけどなー。って思ってました。

 

 

ここで一番大事な事は、【目線】です。

では、ご利用者様はどうなるの?

拒否された、これからどう対応する?

私は、介護現場でいつもこれを考えています。

「人がいないから」「言っても、拒否があるから」いろいろと、出来ない理由を職員は言ってきます。

しかし、ご利者様は、生きていて、健康寿命を延ばすためにデイサービスに通所しています。若い人と違って、運動を怠ると、早く歩行レベルも下がります。

だからこそ、毎日の対応が大事になってきます。

 

私は、機能訓練士をやる気にさせる声かけを考えていきたいと思います。本音的には、機能訓練士なら、ご利用者様をやる気にさせるのがプロ意識で、機能訓練士の仕事に含まれているのではないかと思っています。が、ご利用者様はどなるの?を考えると、そうも言ってられません。

介護現場では、多種多様(機能訓練士、看護師、介護士、相談員 等)の職種が連携を取りながら働いています。

 

考え方の壁を取るには、思っていることを伝え合う。会話。これにつきると思いました。話していて、口論になること、むかつく事あると思うのですが、

そこを、自分の中に納得しないままに飲み込んでお仕事するよりも、伝え合って、

うまく回る仕組みを考える。

今回の場合も、たとえば、機能訓練士の担当替えを提案もしていました。

しかし、機能訓練からは、中がぎくしゃくするから、担当変更は無しとなりました。

私は、逆に自分だったら担当者替えをしてもらった方が、ご利用者の為になるので、ありがたいと思う考えだったので、これも会話して分かった事でした。

 

 

大好きな大好きなご利用者様の為に、頑張ろう!

そう気持ちを切り替えて、お仕事している毎日です♪

やる気をださせる言葉、会話をすること。実行していきます!!